神奈川は雨。
でも、久しぶりに涼しくてホっとする夜です。

さてさて、本日ご紹介したいのは・・・・

シャンプしてどや顔
「こんばんは!また会いましたね!ブーフです」

はいはい、わかりましたから・・・

犬の介護のできるペットシッターを目指す私。
家では現在母を介護中。介護ナウです。
介護というとなんか暗いイメージがつきものですね。
貧乏みんみんさんは日中はフルタイムで働いています。
でなきゃ食べていかれませんもの~(TT)
ですから、仕事と介護の両立は体力的に危機的状態になるときもあります。
心に余裕がなくなるときもあります。
でも、基本的に明るい介護を目指しています。
認知症の母は、パーキンソン病も併発していて身体が自由になりません。
でもそんな母がかわいいのです。


そんな私の強い味方がブーフ
では、見ていただきましょう。
介護犬ブーフ
介護犬ブーフくんです。

母がベッドに寝転がっているとき、かならずこんな風にくっついています。
これ、甘えているわけではなく「ばあちゃんは僕が守る」という気持ちからきています。
母が車椅子でベッドへ移動するときも、ベッドに先回りして「ばあちゃんは安全にベッドまでこれるかな?」というように母の頭から足の先まで気を配ってみています。
ですから、写真のブーフの顔、真面目でしょう?お仕事の顔です。
これは母がトイレへ行くときも同じ。
ばあちゃんのゆっくりと歩く速度に合わせてトイレへ同行します。
そして、トイレの中に一緒に座り込んで、介護犬のお仕事です。


そんなブーフがいてくれるから、母にもよい意味での感情の起伏があります。
母が時々、感情がなくなったかのように無表情になってしまうときも、ブーフを見ると顔がほころびます。
「かわいい・・・」と言葉が出ます。

犬ってステキですね。
人の心を開いてくれます。
よい感情を引き出してくれます。
うーん・・・そういえば、私もブーフと暮らすようになってからちょっと素直に感情がだせるようになったかも。
親子で助けられているなあ・・・と感じます。

ありがと!ブーフ!!
かあちゃんは君がいるから幸せだよー。

鼻デカブーフ
「ぼくに任せるがよいです、えっへん!」

さてさて、また今晩もブッチュの嵐ですな。
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ドッグフィトセラピー3 ~心臓病をあきらめない理由~

ドッグフィトセラピー2 ~犬にハーブって?~

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。