またまたこんばんは。

わんこのごはんはフード派ですか?
それとも手作り派ですか?
ブーフの4年前の写真を見つけて、ごはんについて考えました。

私は今のところ手作りです。

フードと手作りのどちらが「絶対にいい」ということはないですよね。
わんこが喜び、わんこが元気で、かあちゃんもラクラク(^^)vであればいいのでは?
今でもそう思います。

私が手作りにしていった理由は
「ブーフが喜ぶから」
「喜ぶ姿が楽しくて嬉しいから」

が大きな理由です。
基本的にフードも大喜びです。(あ~ 食いしん坊・・・)
でも、手作りはもっと狂喜乱舞して大喜びだったから。
作り始めるときからウッキウキでキッチンで待っててくれるから。

単純な理由でしょ? さすがかあちゃんですね。
それでもずっと続けていくと身体の変化に気付き始めます。
 おやおや? 目ヤニが最近出ないじゃん(さすがに季節の変わり目には出たりしますよ)
 おっとぉ なんだか太りにくくなってない? 
ちょっとずつですがね。

043_convert_20120916213844.jpg
コレ、4年前の若きブーフ。
ちょっと身体がムッチリしてませんか?
ごはんを手作りにしたばかりの頃です。
体重は6.25kg!

DSC_0274_convert_20120912212438.jpg
何度も同じ写真ですみません・・・。
コレ、現在のブーフ。
姿勢が違うのでわかりにくいかもですが、4年前よりスッキリしてます。
体重4.9~5.0kgをウロウロ

ブーフの場合、手作りにしてよかったみたいです。
「手作りは栄養のバランスが悪いんじゃない?」
そこ、私も当初一番神経質になったところです。
でも、野菜やお肉、おいもなど家にあるものを使うだけで色んな栄養が摂れます。
写真のごはん、おいもと野菜をみじん切りにして2分くらい煮てお肉を加えたもの。
煮ることで水分と一緒に自然の栄養がまるごといただけます。
食品に含まれる未知の栄養素もね♡
そして、サプリメント替わりにハーブをパウダーにしてパラパラっとトッピングしてビタミン・ミネラル補給。
ハーブの抗酸化作用もいただいちゃいます。アンチエイジングです。

これを4年続けてシニア期に突入しましたが、ありがたいことに内臓は健康ぴかぴか。

フードの時は少ない量しかあげられなくて、いつも食べ足りなさそうな顔。
手作りは、素材にもともと水分が含まれている分、かさが増すので見た目もたくさん食べさせられます。
満足度もアップ!
煮た煮汁も一緒に食べるので水分も十分取り入れられます。
水分を充分に摂ると、毒素が排出できる=デトックスできる身体になってゆきます。
身体のお掃除ができるんですね。
それは身体全体の免疫力アップにつながります。

巷には手作りごはんの本がたくさん出ています。
おすすめはカンタンにできるレシピが載っているもの。
(なんたってナマケモノのかあちゃんですからね・・・・)
食べてはいけないものや量の目安なんかも書かれています。
参考にしつつ作っていると、自分のわんちゃんの適量がわかるようになってきます。

あ・・・でもね。
ママが手作りに疑心暗鬼であればフードで充分よいのでは?
ここであーだこーだ言ってもママの心に一番敏感なのはわんこです。
ママがニコニコしてくれるごはんが一番に決まってます。
そこだけは一番大事だと思ってます♡

※かあちゃんは心臓病の療法食から手作りへ変えました。
 ただ、食事や水分に関して制限のある病気など持っているわんちゃんの場合は、
 手作り食に理解のある獣医さんなどに相談してみることをお勧めします。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

わんことハーブ ~お腹を助けマシュマロウ~

まだ続く暑さ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。