いよいよ5月に「ドッグフィトセラピー講座(犬の植物療法)」を開催します。


日程:5月2日(金)・5月9日(金) 2回連続講座です
時間:13:00-15:00
場所:オーガニック七菜 2階(茅ケ崎市出口町)
   とても美味しいオーガニック料理を出してくれる素敵なカフェです♡

ハーブ(植物)の持つ力は犬の身体にさまざまな恩恵をもたらしてくれます。
ハーブで免疫力をアップさせて、病気になりにくい身体を作りましょう。
また、シニア犬の日々の健康維持、栄養サポートにもなるハーブ。

ハーブの自然な香りは犬にとっても優しく、犬と人が一緒に楽しむことができます。

そんなハーブの世界をちょこっと覗いてみてください。
美味しいハーブティーと一緒にお待ちしています。

講座の詳細とお申込みはこちらからどうぞ
      ↓
「ミア・ファミリア」ホームページ

CIMG0237.jpg
スポンサーサイト

第2回「犬豆日和」を開催することになりました!

日 時:2014年5月25日(日)
場 所:753カフェ(ナナゴーサンカフェ)
   JR横浜線・横浜地下鉄グリーンライン『中山駅』徒歩7分
   素敵な古民家カフェです
時 間:11:00~15:00
テーマ:愛犬のホームケア

犬との外出が楽しい5月に犬豆日和を開催します!
愛犬と飼い主さまが楽しく参加できるワークショップなどを予定しています。
詳細が決まり次第アップしますので、是非是非ご参加くださいね。

犬豆ブログはこちらです→犬豆ブログ

こんばんは!

今朝は出勤前に両親のお薬をもらいに病院へ。
とても混んでいたので、椅子に座ってボーっと順番を待っていました。

すると、目の前に小柄なかわいいおばあちゃまが。。。
そしてちょっと離れた席にご主人であるおじいちゃまが。。。

院内が空いてきた時、おばあちゃまが立ちあたり、
動きにくくなった足で歩いておじいちゃまの横にチョコンと座りました。
「ここがいい」って言いながら。
おじいちゃまも「一緒がいいか?」ってニコニコして。

紫のかわいい毛糸の帽子をかぶって座るおばあちゃまに
「水を飲むか?」とか口元を拭いてあげたり。。。

見ていてすごく気持ちが暖かくなりました。
せわしない病院内でなんだかとってもホッとする時間をもらいました。


こんにちは!

今日はブーフ&ルートのシャンプーをしてもらいに
茅ヶ崎にある「犬の駅」さんへ。

自宅でトリミングサロンをされている「犬の駅」さん。
とても優しいトリマーさんです。

ブーフは8年くらいトリミングには行かず、自宅でシャンプー&たま~にカットしていました。
「人怖い」のブーフだったので、家で大雑把なかあちゃんに洗われていたのでした。
そして、大雑把すぎるカットにより、トラ刈りヘアになった夏もありました。。。ごめん。

ルートが来て、てんやわんやの日々、すっかりシャンプーされていなかった二匹。
「こりゃいかん!!」と慌てて予約を入れてもらいました。

優しく丁寧にシャンプーしてもらって・・・・
お迎えに行って色々お話させていただくうちに、外では緊張モードのブーフもすっかりリラックス
久しぶりにフワフワになった二匹です。


首に色違いのリボンつけてもらって・・・
IMG_0790.jpg
「どう? 似合うデスか?」

なんか得意げだね
あれ? ルートは?

あ・・・いたいた
IMG_0791.jpg
「ぼく・・・ちょっとはずかしいでし」とルート


お散歩して走ったりしたのでリボンがズレてる~
「犬の駅」さんではもっときちっと可愛くつけてくれましたよ

それにしてもブーフ・・・前足がデカイね
ルートも兄ちゃんに負けないくらい大きくなってきたけど、まだ胸の骨格あたりは兄ちゃんのほうが大きい。
それでも、まだまだ8か月だから大きくなるかな?

「犬の駅」さん ありがとう!


こんばんは!

日中はぽかぽかだった今日。

ブーフから通報が・・・

IMG_0762.jpg
「かあちゃん アイツ あんなことしてるデスよ いいのデスのデスか?」

なになに・・・?

IMG_0761.jpg
「でへへ・・・でへへ・・・

自分のクレート破壊中のルート発見!
もう、なんでもかじっちゃうんだからね!

「ダメ!!!」と現行犯逮捕

IMG_0771.jpg
「ちっ! みつかっちゃったでし」

なにー その悪代官顔~
クレートかじっちゃダメじゃん

IMG_0769.jpg
「だって・・・ヒマヒマだったんだもん」

IMG_0770.jpg
「ごめんでし」

そっか・・・ヒマだったのか
じゃあお散歩いこ!

その後、一人と2匹・・・お散歩満喫した休日でした。

私が小学校低学年・・・1年くらいの頃
昭和40年代ですね

その頃は、野良犬と呼ばれる「飼い主さんのいない犬」がまだまだたくさんいました。
犬大好きだった私は団地に住んでいて、もちろん「犬の飼育禁止」
両親の前で泣いて泣きまくって懇願したけど、犬を迎えることは無理

そんな私が近所の原っぱで真っ白な犬、今で言うミックス犬・・・雑種の犬を見つけました。
とっても人懐こくて、すぐに仲良くなって・・・・
毎日毎日、学校から帰ると原っぱへ。
「シロ」と名付けたその犬はいつも待っててくれるみたいに、ちゃんとそこにいてくれました。
手に握りしめて持って行ったオヤツをあげたり、一緒にたくさんたくさん遊んで。

家に帰ると母に「犬と遊んだ?」って聞かれたなあ
「ううん・・・遊んでない」
絶対にわからないと思っていたけど、洋服に真っ白な毛がいっぱいついてたって。
何年も経ってから母が笑いながら教えてくれました。

何日かすると、もう一頭、真っ白な犬が現れました。
シロより大きな犬
小学校低学年の私にはゴールデンレトリバーくらいの大きさに見えていました。
シロと同じ白い犬で、シロより大きいから・・・お母さんだ!と勝手に思い込み。
「ノラ」と名付けました。

シロとノラは毎日毎日原っぱで待っていてくれて、日が暮れるまで遊びました。
そうすると・・・・少しずつ子供たちが集まってきて・・・・。
子供と犬・・・それはそれは楽しかった。

「空き地の原っぱで大きな野良犬と小さな子供たちが遊んでいる」
その光景は大人たちの目に留まりはじめました。
飼い主さんがいないのですから、狂犬病の予防注射などは勿論していません。
もし噛まれたら・・・・子供が危ない!
大人たちは心配しました。

そう・・・・

何日かして、シロとノラは忽然と姿を消しました。
私たち子供といれば食べ物がもらえる状況でどこかへ行くことは考えられません。
何日も何日も、学校が終わると「今日はいるかもしれない」と原っぱへ・・・
でも、それっきりシロとノラに出会うことはありませんでした。

何十年も経って・・・
今でもシロとノラをよく思い出します。
もちろん、寿命を全うしたとしても生きているはずはないけど。

無責任にオヤツをあげて、人々の目につくようなことをしてしまった。
誰かに手放されてしまった犬だったかもしれないのに。
飼い主のいない犬になってしまったのは彼らのせいじゃないのに・・・

色んな犬と出会ったのに、シロとノラのことだけは忘れられません。
「ごめんね ごめんね」と。

犬・・・動物にはみんな幸せになってほしい。
温かい家で、美味しいごはんを食べて・・・

犬の仕事をするようになったけど、いつもシロとノラが自分の中のどこかにいます。
いつか「ごめんね」から「ありがとう」の気持ちに変わるまで、私の恩返しは続きます。



今日は、ラブラドールのシェルちゃんのお宅にご訪問でした。

到着したとき、ベッドルームでお昼寝中のシェルちゃん。
ママとパパの香りのするベッドで安心して寝てました
私が行くと「な~に???」と起きてくれました


まったりシェルちゃん

めちゃめちゃ可愛いお目目でしょ
とても穏やかで優しい表情

シェルちゃん、以前はパパとサーフィンに出かけていたんですって
14歳になった今も、体の筋肉がとてもしっかりしています
「海の男」だったんだね~ シェルちゃん

シェルちゃん、今は右半身にちょっと麻痺があります
右の手足と、頑張っている左側と首回りにハーブ温湿布とマッサージ
そして脚のリハビリをしました
ハーブの香りをとても気に入ってくれたらしく「びばのんのん

ハーブオンプレスとシェルちゃん1

でもね、シェルちゃんにとっての一番のリハビリは・・・・
「お・や・つ

おやつちょーだい!
「ママ おやつちょーだい

目がらんらんと輝きだしました。

ママがオヤツをぽいっと投げると・・・・パクっとキャッチしたり、立ち上がってオヤツを取りにゆくシェルちゃん
テンションも上がって楽しそう
ママとシェルちゃんは あ・うんの呼吸です。

リハビリは楽しくなくちゃ・・・・ね

楽しい嬉しいの気持ちはとっても大事なんだな
何にも勝るリハビリです
シェルちゃんご家族のお手伝いをさせてもらえる私は本当に幸せ者
そんなシェルちゃんと一緒の時間を過ごすと、帰りたくなくなってしまいます

帰りの道中も、車を運転しながらニマニマと怪しい人になってしまう
可愛いなー可愛いなー

また一緒にリハビリしようね!シェルちゃん

こんばんは!

昨日、今日と二日間は動物の栄養管理の勉強でした。


ここでは犬のお話が中心です
でも、最後にウサギの獣医さんからウサギの食事と体についてのお話があり、もう断然食いついてききました。

そう、ここにはあんまり登場しないけれど我が家にはウサギのりっぴさんがいます。
りっぴさんは大人になってから迎えた子。
小さいころからお野菜は食べていたようですが、オヤツとか果物はあまり食べていなかったようです。

ウサギさんは初めての食べ物にすごく慎重。
それは、肉食動物に比べて、草を食べる動物のほうが毒草など、毒を食べてしまう確率が多いから。
だから、初めてのものはすごく警戒します。

りっぴさんも小さいころ食べなかったドライフルーツ、フレッシュフルーツなどは一切食べない。
だからチモシーの干し草をたんまりとペレット、時々お野菜という食生活です。

この食生活が一番いいそうです。
ウサギさんの本には書いてあることだけれど、お話として聞いて、理由もちゃんと聞くと更に納得。
知らず知らずの食生活が体によかったこと、とても安心しました。

でも、色んな体質のウサギさんがいるのでよい食生活をしていても病気になったり慢性的な不調があったり。。。
それはウサギに限らずですよね。
どんな動物もその動物独特の身体のしくみをもっているけど、やはり個体差はあるもの。


犬もその子によって違うものね。
「こうしてるから大丈夫」ではなくて、元気やウンチ・オシッコの状態を観察して、その子に合った食生活をさせてあげるのが一番!





犬と楽しく暮らす
   そんな生活のお手伝いをさせていただいています      
  ~シンプルに楽しく、ゆるゆると・・・を目指して~

☆犬の訪問介護・ペットシッター
☆ドッグフィトセラピー・アドバイス(犬のためのハーブ)

HPはこちらから
    ↓
犬・老犬訪問介護 ペットシッター「ミア・ファミリア」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。