先日、犬豆の陽だまりのしっぽの美香さんのお父様から美味しい卵焼きレシピをいただきました。

私が母の介護をしていることを知って、色々なお料理のレシピをくださいました。
お父様は、プロの料理人さん
いただいたレシピは母の大好物ばかり・・・!
お父様、母の大好物を知っていたかのようでびっくりしました。

その中でも母が一番好きなのは「卵焼き」
レシピを見て、材料を量り・・・・
私が今まで作ってきた卵焼きとは、卵に入れる「だし汁」がまったく違います。
四角い卵焼き用のパンがダメになってしまい、丸いパンで不器用にも頑張りました~

母に「美味しい卵焼きを教えてもらって作ったよ」というと、笑みがこぼれます。

DSC_1230.jpg

そしてお箸で、あ~ん

DSC_1231.jpg
母の目一杯の あ~んです♡

食べた次の瞬間!
最近は見ることのできなかった満面の笑み!!!
DSC_1232.jpg

本当に久しぶり
これ以上にない笑顔が出ました
美味しいの力ってすごいですね

美香さんのお父さまがくれた笑顔です♡
お父様ありがとうございます!!!

甘味が上品で、優しい味
ふわふわの卵焼きでした。
母に笑顔をくれたお父様のレシピ、私の宝物です

スポンサーサイト

今日は満月
スーパームーンですね
私もベランダから満月の月を見ていました
雲の流れる合間から見える月は、とても輝いていて綺麗でした

今日は、久しぶりに母の身体のこわばりがちょっと出ています
何度も書いていますがパーキンソンからくるものです
(お薬はちゃんと飲んでいます~)

そんな時は、顎のマッサージをしてシリンジで流動食
食べることが大好きなので、嫌がることもなくシリンジから食べてくれます
飲んでいる・・・というのが正解?

そんなこわばりと震えがあるときでも,
母が忘れないで しようとすることがあります
それは「笑顔」
うまく笑えなくても「笑顔」になろうとします
朝、ベッドサイドから覗き込むと、起きたばかりでもニッコリと笑います

最近は私のことを
「おかあちゃん」とか「おねえちゃん」と言います
ふ~む・・・私はお母さんになったりお姉さんになったりするようです
そして、たまに「ふーちゃん」って・・・
ブーフのことです
たまに、私はブーフになってしまうようです
それでも「はいはい♡」と返事をすると、母はニッコリ
可愛くてたまりません
笑顔がかわいい人なのです

そして、ばあちゃんの横には
ホンモノのブーフ

DSC_1075.jpg

いつもこうやって、母が寝てしまうまで一緒にいてくれます
だから母も、色んな事を忘れても「ふーちゃん」だけは忘れない
なんたって、母のウルトラ警備隊ですからね~

そして次男坊ルートのことは・・・?
はい、ルートはブーフと同じ子だと思っています
同じ犬だと思っています
ルートが要求吠えをしていると
「ふーちゃん ふーちゃん 泣いちゃだめよ 大丈夫だからね」って
新しく迎えたルートのことを、母は認識できないのかもしれません
でも、吠えていると「かわいそう」と言ってなだめようとします
私がルートを叱ると「やめてね 意地悪な子になったらこまるから」って私が諭されます

母はやっぱり母です
昔のまんまの「こころ」は忘れていません
だからまだまだ・・・ずっと一緒にいてほしいなあ
いてくれるだけでいい・・・
かわいく笑っていてくれるだけでいいな

今日は母の介護のことですよん♡

春くらいから一気に身体の機能の状態が下り坂だった母
身体のこわばりなどが酷くなっていて、自分で身体を起こしたり食事したり、水分補給も難しくなっていました。
ほぼ全介助の生活でした

これでは母の体力もなくなってゆく・・・
「ばあちゃんの頑張り」の記事でも書いたのですが、まずシリンジを使うことで水分補給を十分に・・・から始めました

日々、アップダウンの波はあれど全体的には少しづつ状態も上向きに・・・
足の筋肉もすっかり落ちてしまっていましたが、なんとか立てないか・・・?
そこで「なるべく自立ケア」・・・と勝手に名付け
支える力は最小限&母の力を最大限使う

着替えもベッドで全介助から、手摺を利用してつかまり立ちをしてもらって着替える
そんな風にしていると、母の意識もはっきりとしてきて
全身のこわばりや震えが出ることがあっても、そこから回復してくる時間も早くなってきました

そして、ここのところずーっとシリンジで食べていた流動食が・・・

DSC_0943.jpg

自分の手でスプーンをもってご飯を食べています。
これは母と私にとってすごいこと
たどたどしいけど「おいしいね」って言いながら・・・
もともとぽっちゃりだったので、機能が低下して栄養が摂りづらい時期も乗り越えられたと思います。
10Kgくらい体重が減ってしまったけど余力があったんですね

食べているのは、私が作ったラタトゥイユ
それをフードプロセッサーでとろとろにしてご飯を入れたものです



私はそのままいただきましたが、母と一緒のものを食べられるって嬉しいことです

介護・・・介助は全部してしまったほうが楽な場合があります
でも、数分時間をかけるだけでこんなに違いが出てくる
手を抜くところは手を抜いて・・・
手をかけるところは手をかける

人だって犬だって最後まで立ちたい、動きたい気持ちがある
立てる、動けるが普通だと「あ~寝っ転がりたい」って思うけど(笑)
やはり動物は自分で立って歩きたい
支えがあったっていい
自分で立ってる、歩いてる・・・という感覚が嬉しそう

さあ、我が母の次なる目標は「少しでも歩く!」です
無理なくゆっくり・・・ね♡


本日も暑い一日でした。

我が家のばあちゃん・・・母
認知症とパーキンソン8年目
最近、震えが出ている日が多く食事や水分の摂取がしにくくなってきました

もともとぽっちゃりだった母
でも、ここ一年で10キロ近くの体重ダウン

筋肉のコントロールができないので食事を口に運んでも
「ん!」って口が固く閉じてしまいます
食べたくないのではなく、食べたくても口が閉じてしまう
そして、目が閉じてしまう
傾眠・・・・

この暑い夏、水分不足で脱水になったら大変!
そこで、シリンジの登場!
ミミちゃんのママに「これ、いいよ」と太目のシリンジをわけていただいたのです
我が家にあったのは小型犬用の小さいシリンジ・・・かたじけないです、ミミちゃんママ

しばらくして、ネットでさらに大きなシリンジ(50ml)を購入
食べる前にまずシリンジで水分補給
「ごっくん!」することで、筋肉の動きのウォーミングアップにもなるようです
そのあとに流動食

DSC_0745.jpg

海老のポタージュに炊いたご飯をいれて、ミキサーでとろとろにしたもの
母に味がわかりやすいようにトマトケチャップを少し加えます
これなら太いシリンジを通ります

一口食べた母が「あ!・・・おいしい!」と絞り出すように一言
これこれ!この感情が大事ですよね
実は・・・母の状態を相談したときにある医療関係の方から「胃ろう しかない」と言われたのです
でも、頑張って食べて「美味しい」と感じて、思わず口から言葉が出る
言葉を発することも難しいくらいの震えがありながらも言葉が出た
そして、はずみがついたのか写真の一人分を完食!

シリンジで水分がたっぷりと補給できるようになってから
震えが出ていても、かなりよい状態が保てている感じがします
色んな言葉が断片的だけれど口から出始めました

私の存在はすでに「娘」ではありません
でも、それでもいい
ただの「いいひと」でもOK!
ばあちゃんが元気だったらそれでいいよ

DSC_0747.jpg
デイサービスでかわいく結んでもらってきました
イラストにあるインデアンの女の子みたいで可愛い

昨日はOne by Oneさんといっしょにシーズーのミミちゃんのところへご訪問でした

スヤスヤと寝ていた小さなミミちゃん
「こんにちは ミミちゃん」と声をかけると
「あ・・・あたち 起きてたのよ」と♡
かわいいレディです

いつもミミちゃんのおうちに訪問しているOne by Oneさんに色々と聞きながら
ミミちゃんと穏やかな時間を・・・・

ミミちゃんがキッチンを見つめていると・・・
それは「あたちおなかすいたかも♡」の合図
「ミミちゃんごはんタイム」はOne by Oneさんが写真を撮ってくれましたよ
One by Oneさんのブログです

ミミちゃんとお話をしながらのごはんタイム
「ミミちゃん おいしい?」(私)
「あたち これすきなの」(ミ)
「どう?もっと食べられるかしら?」(私)
「う~ん・・・食べてあげてもいいけど」(ミ)
「ミミちゃんが食べてくれると きっとママも嬉しいって」(私)
「じゃあ もうちょっと食べようかな♡」(ミ)
「食べてくれてありがとう ミミちゃん」

私はミミちゃんに話しかけながら・・・
ミミちゃんは・・・ミミちゃんの心の声
黙っているけれどミミちゃんからこんな言葉が伝わってくる気がしている私です

ミミちゃんは13歳
ハーブ温湿布やお耳のマッサージはとっても気持ちよいみたいで、
スースーと気持ちよさそうな寝息が聞こえてきます

ミミちゃんにはミミちゃんのペースがあります
そのゆったりとしたペースを大事にしながら、ミミちゃんとの至福の時間を過ごさせてもらいました

次は写真撮らせてね

帰り際、つぶらな瞳で見る目られると、後ろ髪をひかれてしまいます
またくるね、ミミちゃん!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。